競馬の馬券には馬番と枠番というものがあります。

競馬の馬券の馬番号の馬券では単勝式と呼ばれるものは、

1着になる馬がどれなのかをあてるという

一番基本的でわかりやすい馬券です。

そして複勝式という競馬の馬券は

3着以内に入る馬がどれなのかを当てるという馬券になっています。

馬番号二連勝単式(馬単)と呼ばれる馬券がありますが、

こちらの競馬の馬券は1着の馬と2着の馬の馬番号を

着いた順番に当てるという馬券になっています。

その他にも、競馬の馬券の馬番号の伯母権には、

普通馬番号二連勝複式(馬連)というものがあります。

これは1着と2着の馬の番号の組み合わせを順番は関係なくあてる競馬の馬券です。

そしてその他にも三連単と呼ばれる

競馬の馬番号の馬券がありますが、

こちらは1,2,3着の馬番号をちゃんとゴールする順番にあてるというものです。

競馬の出走場がもしも16等の場合には、

3360通りから1,2,3着をあてることになります。

また、この着順を当てないで1,2,3着に入る馬番号を3頭当てる馬券(三連複)もあります。

順番を決めなければ16頭でレースをした時には

560通りの組み合わせになるといわれています。

このほかにも、競馬の馬券の馬番のものはありますが、

基礎さえわかっていれば競馬の馬券の馬番を購入するのも簡単だと思います。

競馬の馬券の種類
画像元http://anaumanbaken.seesaa.net/category/5931148-1.html