競馬では発走の際にやり直しを行うことがあります。

競馬の発走のやり直しは、カンパイと呼ばれていますが、

どのようなときに競馬のやり直しになるのかというと、

競馬には、発走委員という発走に関わる委員がいるのですが

その競馬の発走委員が、

真正に発走あいずではなかったと思ったときには、

競馬の発走のやり直しになります。

 

例えば、発馬機が正しく作動していなかったとわかったときには

競馬の発走のやり直しになります。

またなんらかの外的要因によって、

発走に支障がきたされたときなども発走委員が認めれば、

競馬の発走はやり直しになります。

 

また、競馬の競走馬が原因でフライングをしてしまった場合にも、

競馬の発走のやり直しが行われます。

しかしどんな場合でも競馬の発走のやり直しが行われているのかというと、

きちんとした発走のあいずが合ったのに、

ゲートのほかの馬から出遅れてしまったときや

発馬機の中で馬が転倒したりしたということで、

発馬機の中から馬が出れなくなった時は

競馬の発走のやり直しは行われませんから

そのまま競馬のレースは継続されるようです。

 

競馬のやり直しは、意外と頻繁にあるもので、

馬のフライングもよくあるといわれています。

競馬のやり直しはカンパイと呼ばれています。

カンパイ(スタートやり直し)
画像元https://www.youtube.com/watch?v=b6v6dXMm0Lo