競馬の馬主について紹介したいと思います。

競馬が好きでお金に余裕がある人は

一度は自分が競馬の競走馬の馬主になってみたいと思っていると思います。

競馬の馬主になるためには、

地方競馬全国協会の登録をしている人でなければ

地方競馬に競走馬を出すことが出来ない決まりになっています。

ですから持っている馬を地方競馬の競争に出したいと思っている場合には

馬主登録をあらかじめしておかなければ

競馬のレースに出すことは出来ません。

 

馬主だけでなく、

馬も地方競馬全国協会の登録を受けていなければ

競馬のレースに出ることは出来ません。

競馬の馬主の登録は三種類あるといわれています。

個人で競馬の馬主の登録をする場合と、法人で登録する場合、

組合登録する場合の三種類です。

一般的に一番多いのは、競馬の馬主の個人登録です。

個人登録をして競馬の馬主になっている人は

登録している馬主の90パーセントを占めているといわれています。

そして法人で競馬の馬主の登録をする場合には、

会社が馬主登録を受けるという形になります。

 

組合で競馬の馬主登録をするということは

何人かが集まって出資して馬主として登録するという方法です。

地方競馬に出すためには、

組合や業務運営の経費ということで、

300万円の定期預金がいることもあるようです。

競馬の馬主
画像元http://www.apu.ac.jp/~k1suzuki/COLUMNS/aki3.html