競馬の馬主に資格について紹介したいと思います。

競馬の馬主になるためには、

所得などの資格が必要だといわれています。

 

競馬の馬主の所得基準は競走馬をもっていて、

調教師に継続して預けることができる経済力が必要なので、

所得基準が決められています。

 

サラリーマンで競馬の馬主になりたいと思っている人は、

給与所得が資格条件になっています。

年金を受け取っている人でも、

年金のほかに定期的な収入がある場合には、

所得の合計が資格の条件以上なら競馬の馬主になることが出来ます。

しかし、不動産や株式で一時的に得た収入は合算することができません。

 

競馬の馬主になるためには審査に通らなければいけません。

サラリーマンの場合には年収で約700万円以上ないといけません。

年間の所得が500万円以上と決められていますが、

これは所得税を控除したあとの金額ですから

実際の収入は700万円以上にならなければ

条件をクリアすることが出来ません。

 

個人、法人、組合によって、

経済的な競馬の馬主になるために条件は違っています。

もしも競馬の馬主になれたとしても登録後に、

競馬の馬主の経済条件に該当しなくなった時には、

馬主の登録は取り消しになってしまいます。

競馬の馬主の資格
画像元http://d.hatena.ne.jp/rockeyhy/20130504