競馬の馬主の収入について紹介したいと思います。

競馬の馬主になるとどれくらいの収入があるのでしょうか。

競馬の馬主に入る収入は賞金や出走手当て、

着外手当てといった収入があります。

 

賞金は、すべてが競馬の馬主の元に入るというわけではなくて、

競馬のレースの賞金の20パーセントを

調教師や騎手、厩務員に払われることになりその分は引かれますから、

実質は競馬のレースの賞金は8割が自分の手もとに入るということになります。

 

競馬の賞金は1着最高賞金額はサラ系の競馬の競争の場合には、

1億円といわれていて、1着最低賞金は10万円と言われています。

競馬の馬主の収入
画像元https://www.misoca.jp/mlist/article/horse-owner/

 

 

 

 

 

 

 

 

競馬の馬主の収入の一つでもある出走手当ては、

サラ系で113000円くらいと言われています。

競馬の馬主の収入はこれらの競馬のレースの収入や、

出走手当て以外にも着外手当てや休場手当て、

輸送費補助などがありますから

馬主は競馬の競争馬を維持するためにも色々と費用がかかりますが

それなりに競馬のレースで勝つような馬になってくれば

収入も上がってくることがわかります。

 

競馬の馬主の収入は人によっても違いますし、

競馬の競走馬によっても違っていますし、

出場するレースの賞金によっても変わってきます。