競馬の宝塚記念は、

日本中央競馬会であるJRAが阪神競馬場の芝の2200メートルで行う

中央競馬の重賞競走といわれています。

競馬の宝塚記念の正賞は、宝塚市長賞と、

日本馬主協会連合会会長賞の二つです。

 

なぜ宝塚記念という名前が付けられたのかというと、

阪神競馬場がある宝塚市から名前がとられたんだそうですね。

宝塚記念は阪神競馬場で行われますが、

格付けはG1になり、1着の競馬のレースの賞金は何と1億3200万円になっています。

 

この競馬のレースに出走できる条件としては

サラブレッドの3歳以上と決められています。

また、3歳は53キロ、4歳以上は58キロと負担重量が決まっています。

 

初めて宝塚記念の競馬のレースが行われたのは1960年のことでした。

第一回の時には、阪神競馬場の芝の1800メートルで行われて

次の年と1967年に200メートルづつ長さがのばされていって

現在は2200メートルの芝で行われています。

 

宝塚記念の競馬のレースの開催は改修工事や地震の災害といった理由で、

京都競馬場で代替開催をおこなっていることが多いのですが、

中央競馬会のG1レースの中でも、

宝塚記念が一番代替レースを行っている回数が多いのではないかといわれています。

宝塚記念
画像元http://kamikeibalog.com/archives/7308