東京競馬場について紹介したいと思いますが、

東京競馬場というのは東京都府中市にある中央競馬の競馬場のひとつですね。

府中にありますから府中競馬場というようにも言われていますが

東京競馬場といえば、この競馬場のことです。

東京競馬場
画像元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%AB%B6%E9%A6%AC%E5%A0%B4

 

 

 

 

 

 

 

 

東京競馬場の施行者や管理者というのは日本中央競馬会です。

競馬場にしては珍しく、競馬場の施設内には、競馬博物館もあって

競馬が行われていない時でも博物館はやっていますから

競馬のレース以外でも楽しむことができる競馬場です。

 

東京競馬場は1907年に今の東京目黒区の目黒競馬場が開かれたんですが、

それが移転して府中になって東京競馬場として1933年にスタートしました。

東京競馬場は1968年にスタンド改築が行われて

増築もその後何度が行われたのですが

老朽化したために2000年に改築が行われて、

その間のレースは中央競馬場や新潟競馬場で行われていました。

 

東京競馬場の芝のコースは1周が2083メートルになっていて、

距離の設定は、1400メートルから3400メートルになっていますが

2600メートルはほとんど使われていないようです。

東京競馬場の特徴としては、

ゴールの手前の直線が長いことと緩いカーブで左回りというのが特徴です。