ばんえい競馬ってご存知でしょうか?

ばんえい競馬というのは普通の競馬のレースとは全然違う競馬のレースです。

大きい馬たちがそりを引きながらレースをするという

北海道特有の競馬がばんえい競馬です。

 

明治時代の終わりに、北海道を開拓していた時に使われた農耕馬を使って

農民が遊びに楽しんで行ったのがばんえい競馬の最初だといわれているのですが

それから50年、

北海道ではばんえい競馬は今でも行われています。

 

ばんえい競馬では2つの傷害があるコースを

最大で1トンの大きさのそりを引いてレースをします。

普通の競馬のレースと同様にして

どの馬が一着になるのかを予想して馬券を買うスタイルは同じです。

 

ばんえい競馬を近くで見るととても大きな馬なので驚くという人も多いようです。

普通の競馬のサラブレッドに比べると

倍くらいの大きさもある競馬の馬で

どさんこではなくて、フランスで生まれた馬を使ってレースをしているようです。

ばんえい競馬
画像元http://blog.oddspark.com/baneiinfo/2010/08/4_3.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばんえい競馬は北海道ならではの競馬のレースですから

ぜひ北海道へ足を運んだ際には、

バドックで馬の大きさを自分の目で確かめてレースに参加してみると

とても迫力があって楽しいかもしれませんね。

ばんえい競馬は北海道でしか見ることができません。