競馬ではレースの結果によっては1万円以上配当金がもらえる場合があります。

これは万馬券と呼ばれているケースです。

万馬券は最初から万馬券として販売されているというわけではなくて

レースの結果たまたま万馬券になったということになります。

 

競馬の馬券の換金率というのは少し特徴があるのですが、

優勝候補とされている馬がもしも優勝したとしても、

その馬の馬券を買っていても換金率は低くなります。

逆に期待していないような競争馬が勝ったという場合には換金率が高くなります。
競馬では簡単に行ってみれば番狂わせのような、

多くの人が予想をしなかった馬が1等になった場合に

高い配当金をもらうことができるということになります。

誰も予想していなくて期待もしていないような馬にかけて、

その馬が1着になった場合にはそれが高い配当金をもらえるということにつながります。

 

1着2着3着のそれぞれを当てるほうが、

順位は特に問わないであてるよりも配当金は高くなると言われています。
競馬の番狂わせが起きてしまえば、

ほとんどの人がはずれていることになりますから馬券を買った費用は

たまたまあたった少ない予想をしていた人に当たるということになり、

多くの人がかけたお金を少ない人数で分けるので高額配当金になったり、

万馬券になったりするというわけです。

慣れてくれば高額配当金や万馬券狙いもできると思いますので

それが競馬の楽しみでもあるのではないでしょうか。

競馬の配当
http://messiahkeiba.jugem.jp/?cid=2